V
V

半村良 の本 / 岬一郎の抵抗

372525.com
みんなニコニコ
ホーム/トップページへ移動  本の部屋
本とビデオ読書録フレーズ 掲示板



(ところで・・・ あなたのブラウザは安全ですか?)

半村良さん、“妖星伝”には胸躍らせたものでした。・・・



 この“岬一郎の抵抗”も違った意味でいいなぁって・・・

人間は進化の途中・・・その未完成の人が・・・
>>
裁き、罰しても社会は改まらない。
論し導いても悪は消えない。
矛盾を指摘し、不公平を言い立て、不平等を告発しても、それがある者にとって富としあわせをもたらす限り、聖賢の教えは書物の中に閉じこめられてしまうのだ。
いま悪とされるものは生命の進化の中に根ざしている。

半村良 半村良  岬一郎の抵抗 1988年2月発行 毎日新聞社



お試し:手作り洗顔石鹸 アンティアン 「瓶入りミニ石鹸ギフトセット」(15g×8個セット)ギフトにも最適!
著作権や肖像権やご意見はこちらへ

Yahoo!ブックマークに登録
うならせる一言

-

-
-

-


 ところで、我が家のマルチーズ達は・・・・・・・

我が家の愛犬

とにかく遊びで忙しい・・・
考えてみれば、地球も汚すことなく在るがままの自然を楽しんでいる・・・
よく食べよく遊び、よく眠り、そして微笑みをくれる・・・

ただ今売り出し中です(^^。



 妻と別れるということ・・・・・・・

別離

半村良 半村良  岬一郎の抵抗(1988年2月発行 毎日新聞社)から
こんな文章を引用させていただきます。
人と人が別れるというのは大変なことですが、でもそれで傷ついては駄目。


>>
「でも、愛というものは、責任と同じ意味をもっている場合が多いのです。義務や責任というものが愛には含まれていると言いかえてもいいでしょう」
「義務や責任をよろこんで果たすのが愛・・・」
「そういう考え方もしてみてください。よろこんで自発的に果たしていた義務や責任が、楽しくない重さになったとき、愛が薄れたと感じるのではありませんか」
「そういえば男はよく責任をとりたがりますね」
野口は苦笑した。

「責任をとりたがったあとで、すぐ逃げ出したがる男をたくさん見たような気がしてきましたよ」
「女性は自分を預けることを、献身だと思い込むことが多いようです。ひとつには社会のありようがそれに関ってくるのですが。でも、ひとりの相手に自分を預けきるなどということは、とてもむずかしいことだと思いますね。そしてそれができなくなったとき・・・」
「愛が薄れた」
「ええ。でも本当は無理のなことなのではないでしょうか。人はそれぞれ独立して生きています。片方が一方的に相手の命の存在について責任と義務を負い、片方が自己を預けきって共同生活を営むなんて、 こんなむずかしいことを最初にはじめたのはどういうカップルなのでしょうかね。 しかもそれが社会の制度にまでされているのですからね。維持して来れたのは経済的な要因がそれを支えていたからでしょう」
「女性の生活力がひからびておしまいになれば、そういう関係も無理なく成立するでしょうね。 そうか、夫婦がそうなるまで、世間がおさえていたわけか。モラルがそういうふうにできていたんだな」
「あなたがよしとする生き方と、奥さんが好きな生き方にはだいぶ違いがあったのではありませんか。だがあなたには、奥さんにとってそれ以前の残像があり、その残像によって奥さんは自分をあなたに預けていた」
野口はまた頭を掻いてみせた。

「残像はすぐに消えるものですね。そして彼女は自分の荷物をひきあげてしまった。預ける場所が違っていたことに気がついたのだ」
「あなたは傷つくことはないのです。わたしは愛を重いものだと感じています。義務と責任なのですからね。もちろん甘美なものであるはずもなく、与えたり受け取ったりするものでもないようです。生命にはそれをまっとうするという義務と責任があり、それを意識すれ ば他の生命にもそれをまっとうさせてやる義務と責任があることになります。自分が侵されることなく、他人の邪魔もせず、侵しもしない。ずいぶんむずかしいことでしょう・・・」
「彼女を好きにさせてぼくも傷つかぬように生きるわけか」
野口はぼんやりとそうつぶやいた。
<<


何十年と暮らしてきた夫婦が別れるのは精神的にかなりキツイと思う。
自分の生きてきたことのかなりの部分が無駄になったと思えるからだろう。
事故にでもあったと思って諦めるしかないのかも・・・・
みんなで生きる
生きること・・・

前の頁≪HOME サイトマップ
前の頁≪H
前の頁HH次の頁へ :ビデオの世界
.



'08年 4月17日  8:19 コメント.61   (自由にご意見をお書き下さい)

別れた妻を好きに生きさせて、自分も妻のことや別れたことに悩まずに楽しく、ということか。
結構落ち込むと思うけどそれが間違いなのかもしれないね。

妖星伝は本当に面白かった。ああいう本がなかなか見つからない。


お試し:手作り洗顔石鹸 アンティアン 「瓶入りミニ石鹸ギフトセット」(15g×8個セット)ギフトにも最適!

最新記事の見出しへ


  行間の宇宙  本とビデオ読書録フレーズ掲示板お便り、etc.
自分 / 自分
372525.com(^o^)みんなニコニコ
XHTML
LinkChecker



》つぎのページを読ませていただきました ・・・・
  2009.2.26 11:06
開く 極東ブログ:[書評]人生ごめんなさい(半村良) ・・・
開く 直木賞のすべて余聞と余分:文藝別冊半村良SF伝奇ロマンそして ・・・
開く KLEINBOTTLE|半村良『戦国自衛隊』 ・・・
開く サボテン島のハリネズミ:戦国自衛隊:半村良 ・・・
開く 半村良「わが子に与える十二章」半村良詩集-関心空間 ・・・
開く 酒中日記:「雨やどり・半村良、四谷三丁目・天春を想う07.09 ・・・


 このページへのトラックバックは適宜整理させていただきます。練習でも構いませんお気軽にご利用ください。
 トラックバックアドレスhttp://372525.com/phrase6.cgi
 このページのアドレスはhttp://372525.com/phrase6.htmです。
 画像を使われる場合はこちらを このページのリンク用の画像です。



前頁へ サイトマップ 次頁へ


携帯電話でも同じ 372525.com で見れます